リベンジポルノ

早急かつ適切な対応を、
いますぐ。
弁護士法人LEON

リベンジポルノ解決のために、
「いま」できること

  • 削除

  • 損害賠償
    請求

  • 投稿者の
    特定

  • 警察との
    連携

  • 示談書等
    の取得

REVENGE PORN

はじめに

インターネット上の誹謗中傷等のトラブルの中で、特に深刻なのが、リベンジポルノです。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者が、同意のもと撮影したわいせつな画像や動画を、別れた腹いせにインターネット上に掲載することです。
ただ、現実には、元交際相手や元配偶者だけではなく、友人や、出会い系サイトやマッチングアプリで出会った人物から、「私的に利用するだけで公開しない」との約束で撮影された画像や動画、又は無断で隠し撮りされた画像や動画など、ご相談は多岐に渡ります。
したがって、ここでは、わいせつな画像や動画を本人の同意なく、インターネット上に掲載する行為をリベンジポルノと表現させていただきます。

リベンジポルノの特徴

リベンジポルノは、通常の誹謗中傷等とは異なり、極めて深刻な被害をもたらします。当然画像や動画の内容が内容なだけに、それを公開されただけで多大なる精神的損害を被りますし、様々な媒体等に拡散しやすいという特徴があります。
また、何も知らない人が見ると、あたかもアダルト動画であるかのような錯覚を与える動画もあり、アダルト動画に出演していたと誤解をされてしまうといった事例も多数存在いたします。

SOLUTION

慰謝料等リベンジポルノの解決

削除

リベンジポルノは深刻な被害をもたらすため、早急かつ適切な対応が必要となります。
まずは、証拠を保全した上で、対象のウェブサイトに削除申請を行います。ウェブサイトによって削除の申請方法は異なります。海外サイトに転載されるといった事態も生じやすいため、様々な方法で全ての動画の削除を目指すこととなります。
ウェブサイトに申請をする方が早いか、投稿者本人に削除させる方が早いか、ケースバイケースですので、兎にも角にも早急に削除できる方法を模索いたします。

損害賠償請求

リベンジポルノは、後述のように犯罪行為であり、民法上も不法行為を構成します。
したがって、慰謝料の請求が可能です。
一般的な侮辱や名誉毀損といった誹謗中傷の慰謝料は、それほど高額にならないことが多いですが、リベンジポルノは深刻な被害をもたらし、それによって生じる精神的苦痛も甚大ですので、数百万円単位の慰謝料を認める裁判例も存在します。
被害にあったという事実は変わらず、お金で解決できる問題ではありませんが、精神的苦痛を和らげるため、できる限り多額の慰謝料を請求することとなります。

投稿者の特定

損害賠償請求をする上で、投稿者の氏名及び住所を特定する必要があります。相手方の氏名や住所が分かっている場合は速やかに内容証明郵便を発送し、責任追及を行いますが、そうでない場合は、投稿者を特定する必要があります。

(1)発信者情報開示請求以外の特定方法
発信者情報開示請求を行い特定するには、時間を要するため、把握している相手方の情報から、特定する方法を検討します。
例えば電話番号が分かっていれば通信会社に、勤務先が分かっていれば勤務先に、出会い系サイトのIDが分かっていれば出会い系サイト運営者に照会をするなど、できる限りの対応をすることとなります。
当事務所では、該当のTwitterアカウントでの誹謗中傷被害について、当該アカウントのツイートから情報を集め、その情報を元に照会を行い特定に至ったケースもございます。

(2)発信者情報開示請求による特定方法
ウェブサイト運営者、サーバーの管理会社、通信会社等に対し、発信者情報開示請求を行い、特定をする方法です。
匿名者からのインターネット上の誹謗中傷被害等において、一般的に用いられる方法です。複数の手続きが必要となり、かつ、裁判手続きとなるため、費用と時間がかかります。
なお、特定が成功した場合、当該費用も損害として、慰謝料に加えて発信者(加害者)に請求することとなります。

警察と連携をする

リベンジポルノはほとんどのケースで、私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律という法律に抵触する犯罪行為です。
一般的な誹謗中傷案件について、警察の腰は重いのが実情ですが、リベンジポルノに関しては、多くの場合、警察も真摯に対応をしてくれます。
そこで、刑事告訴を行い、上記の損害賠償請求や、特定手続きと並行して事件の処理を進めるというのも非常に効果的な方法となります。
また、弁護士では法的に特定が難しい案件について、警察の力を借りて特定が成功するケースもございます(逆に警察よりも弁護士の方が特定に馴染むウェブサイト等も存在するため、ケースバイケースで対応を検討することとなります)。

示談書等の取得

リベンジポルノを公開した加害者について、もう関わりたくないでしょうし、また同様の被害が生じないか不安に思うのが通常です。
そこで、最終的には、加害者との間で、①接触の禁止、②画像や動画の削除、③類似の行為の禁止、④秘密保持等を内容とした、示談書を締結します。示談書の中で、示談書に違反した場合は違約金を支払うといった条項を入れることで、再発の防止を図れます。

MERIT

当事務所の強み

初回のご相談は無料(Zoom、電話、メール、LINEも対応)

当事務所では、初回のご相談は無料となります。
対面でのご相談はもちろん、Zoom、電話、メール、LINEでのご相談も対応しております。
ご費用について、面談時にご相談いただければ可能な限り柔軟に対応いたします。

豊富な経験と実績

当事務所では、リベンジポルノ事案を多数取り扱った経験があり、最適な解決方法を迅速にご提案いたします。
また、多くの事案について、問題の画像や動画の削除をさせ、慰謝料を獲得し、解決をしております。数百万円単位の慰謝料を獲得した実績もございます。

専門性

リベンジポルノ事案は、上記の通り、どこに掲載されたのか、相手は誰なのか等、事案に応じて、対応の方法が変わります。
例えば、削除の申請方法や、特定の方法はウェブサイトによって異なります。リベンジポルノに限らず、当事務所では、月に100件以上のインターネットトラブルのご相談をいただいており、専門性を高め続けております。
経験があるからこそ、方針を決めて、迅速な対応が可能となります。

迅速な対応

リベンジポルノ被害は、放っておけば、その分拡散され、被害が拡大する可能性が高くなります。そこで、事務所一丸となって、優先的かつ可能な限り早急に対応を行います。

ACHIEVEMENT

解決実績

元交際相手から、Twitter上の
リベンジポルノ被害の事案です。

解決方法等

氏名や住所がわかっていたため、すぐにTwitterアカウントを凍結させるとともに、依頼者の意向により刑事告訴を行いました。また、内容証明郵便の送付も行いました。
その後、逮捕勾留され、逮捕勾留中の加害者の弁護人より示談交渉の連絡があり、数百万円程度での示談で解決となりました。

アダルト動画投稿の専門サイトに、
氏名不詳者が投稿を行った事案です。

解決方法等

当該サイトに削除申請を行い削除させた上、当該動画を撮影可能であったと考えられる人物に対し、内容証明郵便を送付し、交渉を開始しました。
当初は自分の行為を否定していたものの、否定するのであれば、発信者情報開示請求と刑事告訴等の法的手続きを行わないとならないと説明したところ、最終的に行為を認め、数十万円程度での示談で解決となりました。

出会い系サイトで出会った人物が撮影したと思われる動画が、
海外のウェブサイトに掲載されていたという事案です。

解決方法等

海外のウェブサイトであったため、削除申請は英文で対応をする必要がありました。すぐにサイトに対して、削除請求を行い、販売を中止させました。
撮影者に関する情報が一切なく、かつ、海外サーバーのサイトであったため、特定手続を行うには費用対効果が悪いということで、依頼者の希望により、削除のみで対応を終了としました。
拡散等もなされておらず、被害も限定的だったため、このような解決方法をとることとなりました。

ADDRESS
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町21−1
THE PORTAL Nihombashi East 7階
ACCESS
JR総武線快速 馬喰町駅徒歩2分
東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅徒歩3分
都営新宿線 馬喰横山駅徒歩3分
都営浅草線 東日本橋駅徒歩5分
JR総武線快速 新日本橋駅徒歩8分
TEL
03-6803-5171
MAIL
inquiry@leon-legal.com
FAX
03-6803-5172
 

個人情報の取扱いについて

当事務所は、プライバシーポリシーに基づき、
お客様の個人情報を管理いたします。
プライバシーポリシーをご確認の上、次の画面にお進みください。

プライバシーポリシー